永遠を約束する薔薇の指輪ローズ・ブライダル

薔薇のブーケ&ブートニアに託す幸福への祈り
聖人「St.Ceciliaセントセシリア」をイメージした
慈愛あふれるマリッジリング・コレクション

 

 

Story 『花に込める愛』

花嫁が手にする花束、ブーケ。
新郎の左胸を飾る一輪の花、ブートニア。

今では当たり前のように目にするブーケとブートニアは
実はヨーロッパのロマンティックな伝説に由来しています。

その昔…愛する女性にプロポーズをした男性のお話。

彼は女性の家に向かう途中で野の花を集め
彼女への溢れんばかりの想いを花束にして
プロポーズの言葉とともに捧げました。

はにかんだ彼女は「Yes」という言葉のかわりに
受け取った花束の中から一輪をとり、彼に手渡したそうです。

これが、花嫁のブーケと花婿のブートニアのはじまり。

リングの内側に刻まれたブーケとブートニアは二人の愛の証。
大切な誓いをセントセシリアローズに託して…。

────────────────

それぞれのリングの内側に愛の花、薔薇のブーケとブートニアの
刻印を、そしてお二人の永遠の絆と幸せを祈り、薔薇色の宝石
「ローズサファイア」をお入れしました。

 

プロポーズの言葉と共に贈る、薔薇の花束スウィートブーケ
永遠の愛を誓った日の、はじまりのリング。


────────────────

H&C(ハート&キューピッド)ダイヤモンドを使用。(ピンクダイヤは除く)
専用のスコープで覗くと、カットの対象性を象徴する8つの矢(キューピッド)が上面から、
8つのハートが下面から見ることができるダイヤモンドを使用。

[鑑定書付]お買い上げ頂いたお客様に、ご購入後もH&Cの輝きをお楽しみ頂く専用スコープを差し上げます。

 

Story 『ダーズンローズで祝福する
      二人のアニバーサリー』


「ダーズンローズコレクション」は
1ダース(12本)の薔薇─ダーズンローズ─を
12石のストーンで表現したブランドです。

『青年が、恋焦がれた彼女との結婚の許しを請うため
村中の人から花を貰いプロポーズした』

というヨーロッパの古い言い伝えがあり、
男性が集めた花は“12本の薔薇”つまり
「ダーズンローズ」だったと言われています。

※ ハーフエタニティリングには、カップルであるお二人が「お互いに12の誓いを立て合う」というコンセプトがあり、12石の二倍の24石を使用しています。


────────────────


12本の薔薇は、12の意味を持っており
『これらを全て、あなたに誓います』という想いで
ダーズンローズを渡すのです。


欧米では、ダーズンローズの花束を花嫁に贈ると幸せになるとされています。